イケメンユーキさんのその他雑記

まじめな感じの文体で、適当なことを酔った勢いで書いていく方針

2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お月見

この土曜日は、そもそもテニスの予定だったけど、2日前に合コンに誘われて
雨で中止にになると踏んで、合コン参加を決定。予想通りテニスは雨で流れるも
雨が台風に進化して、結果合コンも中止に
さらに、日曜に運良くテニスコートが取れたとかで、「明日テニスやるかい?」
と誘われ、参加表明するも、3人しか集まらずにお流れ
お流れが決まってコートキャンセル直後に、4人目の適格者が現れるも、もう遅い
結果、すべて寸止めでビクンビクン

今日はもうやる気が失せたので、出かけるのやめてお月見することに

まずは、空の境界7「殺人考察(後)」
結構長い119分。この作品はシリーズ通して分かりにくい話で、この7巻も例にもれず
内容をきっちり理解するのは放棄して、なーんとなく眺めていきます
原作2週読んでいても、この程度なので、原作抜きで見たらポカーンでしょう
相変わらず、式さんは美人だし、気だるげにしゃべるの聞くと、ニノさんが頭の中に出てきますが
それは置いといて。さて、7といえば、白純里緒先輩の話です。彼の顔芸と
声を担当する、保志総一朗のナイス演技が大きな見どころ
CIMG1901.jpg
CIMG1902.jpg
保志総一朗といえば、キラ・ヤマトですが、宇宙海賊ミトとか、セントルミナス女学園では
男の娘を演じてみたりと、私は結構好きです。主役が多い、ロボットアニメ、熱血、変態
などのキーワードにより、福山潤と同じカテゴリに仕分けされています。私の中でね

CIMG1899.jpg
空の境界といえば、なんといっても式の美人度
この絵はちょっとだけ歯が気になります
CIMG1903.jpg
種が割れました

CIMG1904.jpg
リオ先輩は1回目の式戦で腕をぶった切られました。切られる腕は当然左。きのこだからです

CIMG1905.jpg
最終決戦、さあ殺すぞっと

めでたしめでたし
CIMG1906.jpg
振り返ってびっくり、予想外に写真撮っていない
まあ、でも良い感じです。ファンの人は是非見ましょう。ファンじゃない人は原作2週してから
見るが良いでしょう。原作とだいぶイメージ違いますし(特に6)


次、劇場版Fate UBW
CIMG1907.jpg
空の境界はDVDだけど、こっちはブルーレイならぬ、レッドトーサカ
内容に入る前に、開封して初めて知ったのですが、このソフトはフィルム入りでした
フィルムといえば、エヴァ序破、マクロスFと3連敗中であるこの私、正直あまり期待出来ない・・・
CIMG1909.jpg
と見せかけて、セイバーァァァーーーー!!!!!!!!
小さくて見づらいので、劇中の該当シーンから抜粋
CIMG1913.jpg
キャスター戦の後、トーサカと再契約のシーンですホアタアでいうと
「あらゆる戦場を制した、伝説の騎士王が蘇る」のようなイメージ
大当たりである

ヘイヘイ、本編行くゼ
まず、私の嫁ことライダー
CIMG1911.jpg
私はfateに関しては、PC版とPS2版で2週しているので、UBWにおけるライダーの扱いは
知っているのです。知っているけどさあ
CIMG1912.jpg
この間5分弱?測ってませんが、そんなもんだと思います。葛木め許すまじ

アサシンのサーヴァント、土方歳三
CIMG1918.jpg
参考、薄桜鬼
http://www.otomate.jp/hakuoki/
ロン毛と声が同じ

CIMG1914.jpg
あれ?トーサカのおっぱいが大きい

CIMG1915.jpg
UBWといえば、やはりランサーの兄貴。女主体の姿勢は相変わらずカッコよくて憧れます
短いけど。不満があるのは、キャスターについたあとのアーチャー戦
投げる方のゲイボルグをあっさり放ちすぎ。もっとためがないとインパクトに欠けます
ゲイボルグはそもそも刺す方ではなく、投げる方がメインなのだから、もっと演出が、ねえ
さらに、というかあっさり撃ったからなのかもですが、熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)
であっさり防がれすぎ。しかも、アーチャー無傷だし
原作ではギリギリで防いだ感じで、アーチャーにもダメージがそれなりにあったはずです

劇場版ならセックスあるよね?
CIMG1917.jpg
ありませんでした。PS2と同じ?時間が短い分さらにマイルドな感じ

CIMG1916.jpg
アンリミテッド・ブレイドワークス

CIMG1919.jpg
トゥルーエンドなので、セイバーはさようなら

写真は以上
全体的な感想など
初期の情報では、上映時間は90分でした。BDでは105分とされているので、やや延長してますが
どう考えても絶対的に尺が足りません。原作はメインシナリオ3本で、総プレイ時間は大体
100時間なので、平均して各シナリオ30時間以上必要なところを、2時間弱に収めるという
まあ、無理が出ますよね。なので、全部収録ではなく、要所要所以外は端折っています
具体的には、最初のルール説明とか、サーヴァント召喚周り、さらにはサーヴァントの説明
なので、流れをざっくり書くと、聖杯戦争スタート、トーサカ登場
敵いろいろ登場→ざっくり目的説明後バトルでバタバタ死んで行きながら話進行
最終決戦→終わり
みたいな?マスターそれぞれの思惑とか、経緯とか殆どありません
なので、真名が劇中で出てくるのはは、アーチャー、キャスター、アサシンのみ
うちキャスターはかなり怪しい感じで、知ってる人は気づくけど、知らなければ
間違いなくスルーする感じでした
あと、個人的に絶対に削ってはいけないと思うシーンが削られていたのが気になります
具体的には
・ギルガメッシュの名乗り
「俺は王の中の王、英雄王ギルガメッシュ!」
が無い。名乗ってもいないのに、トーサカが「ギルガメッシュが~」と言い出すのも違和感
セイバーも顔見知り感をまったく出していなかったのも、同じ理由でどうもなあと

・ゲートオブバビロンの効果音
これは削られた、ではなく変更されたのですが、あの「ガガガガガガガッ!」という音が
変更になっています。格ゲーじゃなくて、ノベルゲーの時の音が好きです
テレビアニメの時も確か同じ音だったと思います

他にもあった気がしますが、飲んでるうちに忘れました
まとめとしては、原作かps2版かどちらでも良いけど、ノータッチでは見てはいけない
原作プレイ後に、あのシーンをアニメで見たい、という欲求を満たすための作品だと思います
いうなれば、名シーン集?この映画だけで話を理解しよう、というのは土台無理な話です
原作→アニメ
これが絶対幸せとは言い切れ無いところが難しいですが、この月見2作品は原作からが
オススメだと思います
スポンサーサイト

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ユーキさん

Author:ユーキさん
無気力無関心
水平飛行
をモットーに
思いつきだけで生きてゆく

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。