イケメンユーキさんのその他雑記

まじめな感じの文体で、適当なことを酔った勢いで書いていく方針

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメと漫画の帯域

メディアミックスという言葉が出てから何年か知りませんが
ゲーム、漫画、ラノベ、アニメ、他複数メディアで同時展開する商売が行われています
何年前か分かりませんが、メディアとしてゲームは世に出すのに時間がかかるため
他メディアと足並みを揃えるのが難しく、結果ゲーム発売時にはとっくにオワコン扱い
という状況について考察したことがあります

今回は他のメディアと比べて、いかにアニメ化がエリートかというお話です
私はアニメの人なので、アニメをたくさん見ています。今は10ぐらいに絞ってますが
入れ替えの時期には新番組の選別を行います
ここ最近は30~40かそれ以上の新番組が放送されます
これは大変な数なのですが、お暇な人は本屋に行ってみましょう。秋葉のKBOOKSなんかが
お勧めです。ラジ館から移転してるので注意しましょう
漫画とラノベが1フロアを埋め尽くします。ネロ・カオス風に言うと「喰らい尽くしている」
その数たるや、那由多を少し超えたぐらいだと言われています。嘘です
まあともかくたくさんあって、その中の一握りが選ばれてアニメ化されるのです
これら本を漫画ラノベひっくるめて原作として括ると、数的には
原作>アニメ
この数的位置関係は絶対です
なぜか?これをずっと考えていました。そして今日結論を得ました
アニメは絶対的に帯域がせまいのです
地上波でアニメを流すと想定します。1局が1日に流せるアニメは30分枠だと48しかありません
テレビの局がいくつぐらいか忘れましたが、1地域で見られるのは10かそこらだったと思います
なので、最大でも500ぐらい。これは本当に最大であり、増やしようがありません
テレビ地上波ように割り当てられる電波の枠が決まっているためです
この決められたパイを奪い合うわけですね
細かいこと言えば、アニメの枠は24時間ではないし、オリジナル作品もあるのでさらに道は狭くなります
その点本は強い。いくらでも枠を作れます。連載雑誌に枠がなければ作れば良い、の精神で
少年誌4つだけが全てじゃないし、百合専門の雑誌作ってその連載作品がアニメ化されたりもしている
じゃあもうLOからもアニメ化しろよ、と本気じゃないけどちょっと思ってみたりとか
私はLO作家では鬼束直が最強だと思っているので、これでひとつ

話が逸れました
本当にたくさんある原作から選ばれてアニメ化される、にも関わらずつまらないものがあるような
気がするのはきっと気のせいではなく、静止画音無の媒体から動画への変換が上手くいかない
あるいは変換にミスった例があります。平たく言えば改悪です
そもそもダメな原作をなぜアニメ化した?と問いたくなる場合もあるので、それぞれの可能性は
とりあえず5分5分としておきます
願わくば、限られた帯域を有効活用できますように
スポンサーサイト

コメント

鬼束先生大好き

はじめておじゃましたものです。ぼくもあの雑誌では鬼束直先生が最高と思っています。個性もありますが、なんと言っても絵が上手で飽きません。

ぼくはアニメをほとんど見ないのですが、具体的に数字が挙げられると溜息が出ます。きびしいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukisan0913.blog23.fc2.com/tb.php/1663-32c93533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ユーキさん

Author:ユーキさん
無気力無関心
水平飛行
をモットーに
思いつきだけで生きてゆく

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。